平成28年ZEHビルダー登録されました

2016年07月12日 (火)

ZEHビルダーとは?

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。
そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。 政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

当社では「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を策定いたしました。

ZEHの周知・普及に向けた具体策
今までも長期優良住宅を施工してきましたが、今後2020年にはZEH住宅が過半数になるよう努めて行きます。
当社では、毎月イベントを行っております。そこでイベントのチラシに掲載し、イベントに来て下さった方やお問い合わせ頂いたすべてのお客様に『住宅をZEH仕様にすることで、光熱費の節約・健康向上・CO2削減等が実現できる』旨をお話しZEHの周知・普及に努めます。
さらに定期的に行われる協力業者を含めた勉強会においても、周知をはかります。

ZEHのコストダウンに向けた具体策
標準仕様を作成することにより、屋根・壁・床の高性能断熱材や高断熱サッシや高効率設備などを集中発注することで、コストダウンにつなげます。また協力業者にZEHへの取り組みに協力をして頂き、新製品の提案や無駄を省いた作業提案を勉強会等で話あい、コストパフォーマンスが良い組み合わせを厳選していく様努めます。

その他取り組みなど
住む方のこだわりをふまえ、風・昼光など自然エネルギーを最大限に生かした省エネルギー化を考えた設計や自然素材を使用し長く健康に安心して住める家を提案しています。
また当社は、平成21年から国土交通省の「長期優良住宅事業」の補助金申請を毎年して受領しています。