甲斐駒ケ岳~鋸岳

10-08-2017

10月三連休に甲斐駒ケ岳から鋸岳縦走に行ってきました。

 

7日の土曜日入山ですが雨が残り天気はいまいち・・・。

合羽を着て登り始めます。

今日は甲斐駒に登り、その後六号石室にて宿泊予定なので気が楽です。

いつの間にか雲が取れ、目指す甲斐駒ケ岳が見えてきました。

まだまだ長いですね。

摩利支天もきれいに見えます。

やっと山頂到着ですが、残念ながらガスで展望はありません。

お社があるので、安全登山を祈願します。

そして六号石室へ。

我々が着いたのは午後三時前でしたが、すでに4名に方がいて後ろからは6名の団体さんが来てました。

その他にも鋸を目指す人がいたので、迷うことなくテント泊としました。

後から聞いたところによると狭い石室の中に15名いたそうです。

松原ガイドの判断に感謝です。

 

朝5時20分に行動開始で鋸岳を目指します。

快晴の中(下には雲海が広がっていました)気を抜かないよう、

景色を楽しみながら歩きます。

 

こんなところに向かいます。

何所登るんだろう?

左側のガレた涸れ沢を登ります。

登りきると第一高点です。

 

目的の鋸岳が見えます。

 

ここを登り詰めると、鹿窓です。


鹿窓無事通過。

鋸岳へ向けての登りです。

壁に張り付いている人が見えますか。

 

やっと着きました!

鋸岳!

ここの眺望はとてもステキです。

 

振り返ると通ってきたところわかります。

左の高いところが甲斐駒ケ岳、その右側の尾根を歩き、

山頂からこちらに伸びている尾根を歩いてきました。

右奥に見えるのは北岳です。

お腹が出てますが、がんばりました!

 

 

登った山は降りなければなりません。

ここから角兵衛沢というところ降りるのですが、

最初はガレたさわ、そのうちすべりやすい泥道。

ここがきつかった!

 

何とか降りきり無事駐車場に到着です。

この日は約10時間の行動!

さすがに疲れました。

 

赤岩尾根

09-10-2017

奥秩父の赤岩尾根を歩いてきました。

上落合橋の駐車場から車道を30分歩いて下り、

ニッチ鉱山住宅跡という廃屋が並ぶところから入山する。

ここが少し不気味で知らず知らずのうちに早足になってしまう。

そのせいかどうか、歩きやすい沢を詰めていくと道を見失う。

けっこう多くの人が同じミスを犯すみたいで薄い踏み跡はある。

登りだからそのうち登山道に出るだろうと思い

道なき急斜面を登っていく。

落ち葉と、やわらかい土、そしてところどころがれている。

心が折れそうになった時、尾根道に明確な踏み跡を見つける。

とても歩きやすい登山道にでた。

やはり無理して登らずに戻らなければだめですね・・・。

やっと着いた赤岩峠。

ここからアップダウンの多い赤岩尾根へと向かう。

ひと岩登り

赤岩岳に到着。

この時はまだ元気だった。

そこから延々と続く上り下り、

しかも気が抜けないところばかり。

この岩を見たときにはどこを登るのだろう、登れるかなと思った。

実際は右側から登れたのだが。

 

バリエーションルートなため、道標もない。

テープがところどころあったが曲者もあった。

3度ほど道間違いをし、そのたんびに重たい足を引きずって登り返す。

最後はこのまま下ればどこかに出るだろう、大丈夫だよという、

心のささやきに負けそうになったが、よく見ると先は結構な急斜面。

下りていくと必ず行き詰ると思い直し登り返す。

これで終わりかと思うと、また登りが現れる。

そんなことを延々と繰り返し、

ようやくついた八丁峠。

ここからは30分下れば駐車場だと思いほっとする。

時計を見ると12時40分。

道間違えがあったけれど、5時間40分も掛かってしまっている。

両神山への継続登山はあきらめ下山する。

 

今回の山行で体調不良に見舞われた。

軽い頭痛と、めまい、立ちくらみだ。

戻って調べてみると、熱中症の初期症状のようだ。

今まで一度もこんな経験がなかったの自分で驚いている。

やはり60が近づいてくると色々なことがあるのだなと思い、

もう少し慎重に山と付き合わなければならないと反省の山行でした。

無事に帰れてよかった。

剱岳 チンネ登攀

08-14-2017

2009年に挑戦した剱岳・チンネ登攀。

この時八峰は登れたのだが、翌日の天候悪化でチンネはあきらめた。

また何時かチャンスが来るさと思いながらはや8年の月日が流れてしまった。

2月に松原さんと日程を決め再挑戦することにした。

 

8月10日に剱沢小屋に入るもあまり天気はよろしくない。

剱岳の上1/3は雲に隠れている。

翌11日の天気も良くないので、1日小屋での停滞を決る。

 

12日天気は悪いが13日の好天を信じて熊の岩へと向かう。

剱沢雪渓を降下していく。

けっこう雪が固くアイゼンをつけての歩行だ。

長次郎雪渓の登り、

これが辛い!

辛い登りを終え熊の岩へ。

ここまで結構な雨に降られる。

テント場到着しすぐさまテントに入るが中がビショビショ!

しかし、松原さんが前日にテントを設営してくれたおかげで最小限の被害で済んだ。

右下のオレンジのテントが我が家です。

しばらく待つうちに雨もやみ濡れたものを乾かす。

すっかり雨も上がり、素晴らしい景色の中時間を過ごす。

しかし、待てない男である。

持参した赤ワインを、松原さんお手製のつまみで飲み始める。

これがうまいのなんのって!

辛い登りのご褒美だね!

明日に思いをはせながら、5時就寝。

 

翌朝3時に起きて準備開始。

テントから出るともう登っている人がいる!

何時に起きたのだろう・・・・

我々は準備を済まし4時半行動開始。

薄暗い中ヘッドランプを頼りに雪渓を登る。

三の窓(チンネの登り口)に到着すると、

登っている人に、待っている人10パーティーくらいいる。

皆チンネ左稜線というもっともポピュラーところへ行く。

これは明るいうちに帰れないと判断し、

我々は中央チムニーという人いないところから。

ることにする。

ここを登る。

顕著なバンドがありそんなに難しくないのだが、高度感はさすがにチンネ。

下の雪渓を見ると少し怖い。

チムニー状の岩を登る。

中央バンドで一休み。

今日の天気は最高である!

下まで何メートルあるんだろう・・・・。

あまり高さで恐怖したことはないのだが、これだけの高さがあるとやはり怖い。

しっかりした岩をつかみ、ヨイショ!

登れ、のぼれ!

到着しましたチンネの頭。

良いルートでした。

頭で左稜線から登ってきたパーティーに何組目か聞いたら3組目とのこと。

取付いていたら大変なことになったねと松原さん。

我々の登攀は早く終わってしまい、熊の岩へ。

まだ午前中・・・・。

もう少し登ろうかということで、八峰Ⅵ峰Aフェースへ行く。

先行パーティーがいたが時間もたっぷりあり余裕で登れた。

 

今回のチンネ・八峰は、お盆休みということもありものすごい人であった。

左稜線が登れなかったのは少し残念であるが充実した山登りができた。

自分の山人生の中でベストファイブに確実に入る。

 

左稜線はまた計画しろということかなーーなんて思いながら下山しました。

 

 

 

 

1年ぶりの小川山

07-26-2017

2か月前に決めた、小川山クライミング。

前日の予報はあまりよくない・・・・。

電話で「明日予報よくないけどどうする?」

工務店の社長3人の予定を合わせた日程。

そう簡単に別の日が決まらない。

午前中は曇りマークだから行こうということになり、

集合時間を早めて決行する!

7時20分に小川山に着いたのだが、とっくに上がっているはずの雨が降っている。

1時間少々待ってやっとクライミング開始。

おいおい、まだ濡れてるよ(山田)

上の方は乾いているから大丈夫だよ(鈴木)

んーーーーー

すべるなよ!

よいしょ!

あーーこわいこわい!

上から見るとこの通り。

すっかり乾いています。

今回初参加の大瀧さん。

するすると登って行った。

鈴木さんもご無沙汰の割にはするする登る。

雨宿りをしながら教えたビレーの方法。

実際にやってみる。

そつなくこなす。

クライミングの素質あるね!

 

 

鈴木さんが少し難しいところに挑戦するが、

お約束通り(天気予報通り)雨が降ってきた。

こうなるとお手上げ!

乾いていた時も苦労した壁だもの、濡れてたら登れるわけないよ。

待っていてもこの雨はやみそうにないので撤退決定。

9時前から12時前までの3時間弱のクライミングでした。

阿弥陀岳

07-07-2017

今年の山行はさんざんで、5月のGWまでで10回計画して、

実行できたのが5回。

すべて天候による中止だ

行けた山も天候のため当初計画の変更を強いられた。

ということで、4月初旬から山に行けていない・・・。

8月には剱岳の登攀があるため、

今月中に3回は歩いておかないとまずいと思い、

3か月ぶりに行ってきた。

選んだ山は、八ヶ岳の阿弥陀岳。

赤岳はよく行くのだが、無雪期の阿弥陀は1度しか登っていない。

新鮮な思いで美農戸へ向かう。

(この写真は2003年5月18日の物で地蔵の頭付近からの写真です)

自宅を4時40分に出て、美農戸に6時45分に到着。

駐車場は平日なのでガラガラかと思いきやかなりいっぱいでした。

南沢を登り行者小屋へ。

行者小屋の温度計。12℃

ここの標高は2350m位だからこんなもんですかね。

汗を書いて休んでいると結構涼しい。

登山道のわきに高山植物発見。

ぜいぜいはあはあ、登る自分を癒してくれますね。

やっと着きました阿弥陀岳山頂「2805m」

登山中 雨がぽつぽつ、山頂はガスの中でした。

3ヵ月ぶりの山はきつかったけど、

8月へ向けて準備します。

安全大会

04-22-2017

工務店4社で勉強をしている「名匠家」。

我々小さい工務店では出来ないことも、4社集まればできることがある。

その「名匠家」の合同安全大会を開催しました。

今年も大勢の業者さんが集まってくれました。

野辺さんに勘所を話してもらいます。

パネルディスカッションでは、この4人がパネラーとして話をしました。

若い二人は眠いみたいです・・・・。

今年のMVPは南崎大工。

頑張りました。

懇親会の挨拶は、間川板金の石本社長。

今年も有意義で楽しく開催されました。

気密測定

04-19-2017

最近の住宅はとても高性能です。

Q値、UA値は計算で出ますが、C値は測定してみないとわからない。

ということで測定してみました。

計測器をセットして、必要なところへ目張りをして、測定開始!

詳しい結果は、報告書を待たなければならないですが、

C値0.6c㎡/㎡。

とてもいい数字だと思います。

大工の丁寧な施工のおかげです。

今シーズン最後のアイスクライミング

04-08-2017

下界は桜が咲き春真っ只中だが、山はまだ寒い日が続いている。

八ヶ岳では例年4月半ばまでアイスクライミングができる。

今回は、南沢の大滝小滝と登る。

まずは小滝、場所を選ばないとシャワークラミングになってしまう。

2本登り、大滝へ移動する。

 

近づいていくと滝が流れているような音がする。

あちこちで水が流れている・・・・。

一番右が私です。

まるで大雨の中を登っているような感じ、グローブは一回でビショビショ。

2本登り、もういいや。

これ以上濡れるのはご勘弁。

ここ二日間ほど暖かかった。

山にも春が来てるんですね。

登攀

03-25-2017

八ヶ岳の赤岳、登るルートは沢山ある。

今回は登ったことのない、

赤岳・ショルダー左リッジを登る。

美濃戸口の集合し登り始める。

自宅から美農戸口まで176.6km。

時間は6時半、気温マイナス7.5℃。

まだまだ真冬だ。

南沢を登り行者小屋から文三郎を登り

途中から赤岳沢に入り沢を詰める。

子の沢を詰める。

ワカンをつけているのだがなかなか手ごわいぞ!

ふーーー・・・きつーーい!!

ここを登ってゆく。

ここでワカンからアイゼンに、ストックからピッケルに持ち替えて登攀開始。

かなり傾斜の強い雪壁に苦労する。

天気は最高!

阿弥陀岳をバックにいいお顔をする。

雪壁の次は岩稜を登る。

こうなってくると楽しい!

えいこら、ひーこらやっと登る。

岩稜は楽しい!

雪壁は苦しい!

何とか登れました。

赤岳山頂直下に突き上げて登攀終了。

あと15分くらい登ると赤岳山頂なのだが、

体力も気力も無くなり下山する。

行者小屋まで下りてきた。

見上げると、赤岳、横岳等がよく見える。

一日良い天気だった。

珍らしい出来事

03-22-2017

昨年の11月に珍らしい出来事があった。

なんとホールインワンを達成してしまったのだ。

確率で言うと、1万回に1回らしい。

だいたい1回ゴルフに行くとショートホールは4ホールあるので、

これを計算すると、

仮に毎週1回ゴルフに行くと仮定して50年に一度のことになる計算だ。

私はもちろん週に一度も行かないし、

50年もやっていない。

幸運が訪れたのだ。

この幸運を皆様におすそ分けしなさいという先輩のアドバイスに従い、

記念ゴルフ大会を開催しました。

とてもいい天気の中プレーできました。

仲間からパッティングフォームが変と言われた関尾さん・

何やら密談・・・仕事の話をしている3人組。

幹事の吉田さん、お世話になりました。

参加者の皆さん、大勢の方に参加いただきました。

賞品です。

ワイン好きの方が多いのですべてワインの商品にしました。

 

全部で33名の方にご参加いただき盛大にお祝いしていただきました。

つくづく私は幸せ者だなあと感じました。

 

最後は地元に戻ってきて、仲間が取ったワインのおこぼれをいただきました。

美味しかったな!

 

« 前のページ | トップページ |