剱岳 チンネ登攀

08-14-2017

2009年に挑戦した剱岳・チンネ登攀。

この時八峰は登れたのだが、翌日の天候悪化でチンネはあきらめた。

また何時かチャンスが来るさと思いながらはや8年の月日が流れてしまった。

2月に松原さんと日程を決め再挑戦することにした。

 

8月10日に剱沢小屋に入るもあまり天気はよろしくない。

剱岳の上1/3は雲に隠れている。

翌11日の天気も良くないので、1日小屋での停滞を決る。

 

12日天気は悪いが13日の好天を信じて熊の岩へと向かう。

剱沢雪渓を降下していく。

けっこう雪が固くアイゼンをつけての歩行だ。

長次郎雪渓の登り、

これが辛い!

辛い登りを終え熊の岩へ。

ここまで結構な雨に降られる。

テント場到着しすぐさまテントに入るが中がビショビショ!

しかし、松原さんが前日にテントを設営してくれたおかげで最小限の被害で済んだ。

右下のオレンジのテントが我が家です。

しばらく待つうちに雨もやみ濡れたものを乾かす。

すっかり雨も上がり、素晴らしい景色の中時間を過ごす。

しかし、待てない男である。

持参した赤ワインを、松原さんお手製のつまみで飲み始める。

これがうまいのなんのって!

辛い登りのご褒美だね!

明日に思いをはせながら、5時就寝。

 

翌朝3時に起きて準備開始。

テントから出るともう登っている人がいる!

何時に起きたのだろう・・・・

我々は準備を済まし4時半行動開始。

薄暗い中ヘッドランプを頼りに雪渓を登る。

三の窓(チンネの登り口)に到着すると、

登っている人に、待っている人10パーティーくらいいる。

皆チンネ左稜線というもっともポピュラーところへ行く。

これは明るいうちに帰れないと判断し、

我々は中央チムニーという人いないところから。

ることにする。

ここを登る。

顕著なバンドがありそんなに難しくないのだが、高度感はさすがにチンネ。

下の雪渓を見ると少し怖い。

チムニー状の岩を登る。

中央バンドで一休み。

今日の天気は最高である!

下まで何メートルあるんだろう・・・・。

あまり高さで恐怖したことはないのだが、これだけの高さがあるとやはり怖い。

しっかりした岩をつかみ、ヨイショ!

登れ、のぼれ!

到着しましたチンネの頭。

良いルートでした。

頭で左稜線から登ってきたパーティーに何組目か聞いたら3組目とのこと。

取付いていたら大変なことになったねと松原さん。

我々の登攀は早く終わってしまい、熊の岩へ。

まだ午前中・・・・。

もう少し登ろうかということで、八峰Ⅵ峰Aフェースへ行く。

先行パーティーがいたが時間もたっぷりあり余裕で登れた。

 

今回のチンネ・八峰は、お盆休みということもありものすごい人であった。

左稜線が登れなかったのは少し残念であるが充実した山登りができた。

自分の山人生の中でベストファイブに確実に入る。

 

左稜線はまた計画しろということかなーーなんて思いながら下山しました。

 

 

 

 

1年ぶりの小川山

07-26-2017

2か月前に決めた、小川山クライミング。

前日の予報はあまりよくない・・・・。

電話で「明日予報よくないけどどうする?」

工務店の社長3人の予定を合わせた日程。

そう簡単に別の日が決まらない。

午前中は曇りマークだから行こうということになり、

集合時間を早めて決行する!

7時20分に小川山に着いたのだが、とっくに上がっているはずの雨が降っている。

1時間少々待ってやっとクライミング開始。

おいおい、まだ濡れてるよ(山田)

上の方は乾いているから大丈夫だよ(鈴木)

んーーーーー

すべるなよ!

よいしょ!

あーーこわいこわい!

上から見るとこの通り。

すっかり乾いています。

今回初参加の大瀧さん。

するすると登って行った。

鈴木さんもご無沙汰の割にはするする登る。

雨宿りをしながら教えたビレーの方法。

実際にやってみる。

そつなくこなす。

クライミングの素質あるね!

 

 

鈴木さんが少し難しいところに挑戦するが、

お約束通り(天気予報通り)雨が降ってきた。

こうなるとお手上げ!

乾いていた時も苦労した壁だもの、濡れてたら登れるわけないよ。

待っていてもこの雨はやみそうにないので撤退決定。

9時前から12時前までの3時間弱のクライミングでした。

阿弥陀岳

07-07-2017

今年の山行はさんざんで、5月のGWまでで10回計画して、

実行できたのが5回。

すべて天候による中止だ

行けた山も天候のため当初計画の変更を強いられた。

ということで、4月初旬から山に行けていない・・・。

8月には剱岳の登攀があるため、

今月中に3回は歩いておかないとまずいと思い、

3か月ぶりに行ってきた。

選んだ山は、八ヶ岳の阿弥陀岳。

赤岳はよく行くのだが、無雪期の阿弥陀は1度しか登っていない。

新鮮な思いで美農戸へ向かう。

(この写真は2003年5月18日の物で地蔵の頭付近からの写真です)

自宅を4時40分に出て、美農戸に6時45分に到着。

駐車場は平日なのでガラガラかと思いきやかなりいっぱいでした。

南沢を登り行者小屋へ。

行者小屋の温度計。12℃

ここの標高は2350m位だからこんなもんですかね。

汗を書いて休んでいると結構涼しい。

登山道のわきに高山植物発見。

ぜいぜいはあはあ、登る自分を癒してくれますね。

やっと着きました阿弥陀岳山頂「2805m」

登山中 雨がぽつぽつ、山頂はガスの中でした。

3ヵ月ぶりの山はきつかったけど、

8月へ向けて準備します。

安全大会

04-22-2017

工務店4社で勉強をしている「名匠家」。

我々小さい工務店では出来ないことも、4社集まればできることがある。

その「名匠家」の合同安全大会を開催しました。

今年も大勢の業者さんが集まってくれました。

野辺さんに勘所を話してもらいます。

パネルディスカッションでは、この4人がパネラーとして話をしました。

若い二人は眠いみたいです・・・・。

今年のMVPは南崎大工。

頑張りました。

懇親会の挨拶は、間川板金の石本社長。

今年も有意義で楽しく開催されました。

気密測定

04-19-2017

最近の住宅はとても高性能です。

Q値、UA値は計算で出ますが、C値は測定してみないとわからない。

ということで測定してみました。

計測器をセットして、必要なところへ目張りをして、測定開始!

詳しい結果は、報告書を待たなければならないですが、

C値0.6c㎡/㎡。

とてもいい数字だと思います。

大工の丁寧な施工のおかげです。

今シーズン最後のアイスクライミング

04-08-2017

下界は桜が咲き春真っ只中だが、山はまだ寒い日が続いている。

八ヶ岳では例年4月半ばまでアイスクライミングができる。

今回は、南沢の大滝小滝と登る。

まずは小滝、場所を選ばないとシャワークラミングになってしまう。

2本登り、大滝へ移動する。

 

近づいていくと滝が流れているような音がする。

あちこちで水が流れている・・・・。

一番右が私です。

まるで大雨の中を登っているような感じ、グローブは一回でビショビショ。

2本登り、もういいや。

これ以上濡れるのはご勘弁。

ここ二日間ほど暖かかった。

山にも春が来てるんですね。

登攀

03-25-2017

八ヶ岳の赤岳、登るルートは沢山ある。

今回は登ったことのない、

赤岳・ショルダー左リッジを登る。

美濃戸口の集合し登り始める。

自宅から美農戸口まで176.6km。

時間は6時半、気温マイナス7.5℃。

まだまだ真冬だ。

南沢を登り行者小屋から文三郎を登り

途中から赤岳沢に入り沢を詰める。

子の沢を詰める。

ワカンをつけているのだがなかなか手ごわいぞ!

ふーーー・・・きつーーい!!

ここを登ってゆく。

ここでワカンからアイゼンに、ストックからピッケルに持ち替えて登攀開始。

かなり傾斜の強い雪壁に苦労する。

天気は最高!

阿弥陀岳をバックにいいお顔をする。

雪壁の次は岩稜を登る。

こうなってくると楽しい!

えいこら、ひーこらやっと登る。

岩稜は楽しい!

雪壁は苦しい!

何とか登れました。

赤岳山頂直下に突き上げて登攀終了。

あと15分くらい登ると赤岳山頂なのだが、

体力も気力も無くなり下山する。

行者小屋まで下りてきた。

見上げると、赤岳、横岳等がよく見える。

一日良い天気だった。

珍らしい出来事

03-22-2017

昨年の11月に珍らしい出来事があった。

なんとホールインワンを達成してしまったのだ。

確率で言うと、1万回に1回らしい。

だいたい1回ゴルフに行くとショートホールは4ホールあるので、

これを計算すると、

仮に毎週1回ゴルフに行くと仮定して50年に一度のことになる計算だ。

私はもちろん週に一度も行かないし、

50年もやっていない。

幸運が訪れたのだ。

この幸運を皆様におすそ分けしなさいという先輩のアドバイスに従い、

記念ゴルフ大会を開催しました。

とてもいい天気の中プレーできました。

仲間からパッティングフォームが変と言われた関尾さん・

何やら密談・・・仕事の話をしている3人組。

幹事の吉田さん、お世話になりました。

参加者の皆さん、大勢の方に参加いただきました。

賞品です。

ワイン好きの方が多いのですべてワインの商品にしました。

 

全部で33名の方にご参加いただき盛大にお祝いしていただきました。

つくづく私は幸せ者だなあと感じました。

 

最後は地元に戻ってきて、仲間が取ったワインのおこぼれをいただきました。

美味しかったな!

 

愛のある家

03-10-2017

昨年末に従妹から土地のオファーがあり、

購入することにして使い方を考えていたのですが、

二つに分けて分譲することとし、

一つは自邸を作ることにしました。

それを“愛のある家”と名付け、

どう作るか1回目の会議を開きました。

工務店の代表の自邸なので、

当然のことながら半年くらいはモデルとして使い、

その後も見せる家でなくてはなりません。

現在の山田の技術力をフルにだし、

尚且つそのままお客様に作っていただけるよう

リーズナブルでなければいけません。

これから検討を重ね年末完成に向けて頑張ります。

構造、完成と見学会を開催する予定ですので、

興味のある方は見に来てください。

“愛のある家”ご期待ください。

 

社員旅行

02-06-2017

例年秋に行くことが多い社員旅行。

今年度は社員の希望から冬の北海道になり、

雪祭りに合わせていってきました。

 

旭川空港に到着しバスに乗って旭山動物園に行く。

このバスが混んでいて、30分くらいかかるのだが都会のラッシュアワーなみだった。

座れなかった人お疲れ様でした。

シロクマ・・とても大きい。

会うことはないだろうが野生のクマと遭遇したことを考えると怖い。

ペンギンの行進。

何とも愛くるしい。

オオカミ。

迫力がある。

 

動物園から電車で札幌に移動して雪まつり会場(明日から開催)をちらりと見て夕食。

刺身に、ウニ、ジャガバタ、コロッケ、カニ、キンキ等々沢山の海鮮を食べました。

最初のうちは食べるのに夢中で写真を撮り忘れてしまった。

久しぶりにおいしい海の幸をいただきました。

みんな大満足です。

ここススキのでは雪祭りに合わせて氷のオブジェを飾ってあります。

腹ごなしに散歩がてら鑑賞です。

何を意味しているのでしょうね・・・・。

ワインを飲み、ラーメンを食べもう寝るだけと思いホテルに戻ったら・・・。

まだ飲んでた!

加わって一杯飲みおやすみなさい!

よく食べて飲んだ一日でした。

 

二日目は数名づつに分かれて雪祭り見学。

まずはススキの会場の氷のオブジェから。

 

最近何かと物議を醸している、魚氷。

10時前だったのでシートがかかっていた。

そして大通公園へ。

ピコ太郎二連発。

トランプ大統領

カップヌードル

スターウォーズ

興福寺の中金堂

凱旋門

台北賓館

ファイナルファンタジー

と、どれも大きく綺麗にできていた。

準備が大変ですね。

おなじみ時計台です。

ありて回るとお腹が減るのは道理。

中央市場に移動してランチタイム。

親子丼、絶品ですね!

お土産も買いました。

昨日あれだけ海産物を食べたのによく入るな!

 

そこから小樽に移動して、しばし散策。

我々は小樽の小さなビール工場を見学して地ビールを味わいました。

すっきりしたビールが好きなんだけど、味わいのある地ビールもなかなか行けますね。

などとおみながら飲んだくれの旅は終わりました。

社員のおかげで旅行ができるのですが、今回の旅でさらに絆が強まったような気がします。

今年仕事を頑張ってみんなでまた旅に行きましょう!

« 前のページ | トップページ |